2017/08/25

一家離散に向けて突き進む義家族

私の妻は四姉妹の長女で、父親は家族を捨てて出て行ったため、母親を含めて女5人家族となる。
その義家族の次女が来月から韓国に出稼ぎに行くらしい。




北朝鮮情勢がキナ臭くなってきているこのご時世に韓国に行くのもどうかと思うのだが、2年待ってようやく手にしたチャンスなので、これを棒に振ることはできないようだ。
しかし、それによって義家族が私の援助を必要としなくなり自立してくれるなら、大変結構なことだ。
出稼ぎ前の研修費用を立て替えた私としても、貸したお金が帰って来る(と期待したい)のは喜ばしいことだ。

三女もまた、日本への出稼ぎを夢見ている。次女が韓国で働き始めればそのために必要な援助も可能となるとのことで、実現の可能性は高まったと言える。

妻が成人して以降、長いこと無職であった義母も現在ケアギバーの勉強をしており、台湾への出稼ぎを目論んでいるようだ。四女はまだ10代前半のため、義母が台湾へ行くことになれば四女も連れて行くらしい(と妻は言っているが、実際のところは私たち夫婦に押し付けられる気がしてならない)。

日台韓と良い具合に東アジアに散らばりそうなので、四女には成人後は香港辺りの出稼ぎを目指してもらいたいところだ。

私と妻はそのままフィリピンに滞在し、日中台韓比と東アジアから東南アジアを股に掛ける離散家族という未来も・・・、とよく考えたら、そうなると私が一番生活クオリティの低い国に住むことになるので、なんだか釈然としない気分になってきた。

来月、4年半ぶりに日本に帰国する。その時についでに就職活動をしてみようか今悩んでいる。
妻はあと2年で大学を卒業するので、卒業後に日本に来てもらうか、あるいは私がある程度日本で働いて貯金をしたらフィリピンに戻って来るか、どうしたものだろうか。

スポンサードリンク


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

フィリピンで仕事ができるのでしたら、フィリピンが一番でしょうね、私は、年金生活者です、もう十年フィリピンを移住しようと思いながら半月で飽きまた住んで飽きての繰り返しです(笑)