--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/02/05

SMで買い物する時に注意したい騙しの手口

先日、仕事に必要なPC周辺機器を買うためにSMクラークに行って来たのですが、その時にショップスタッフにカモられそうになったので、今回はその手口を紹介しようと思います。




今回購入に行ったのはMacbookサンダーボルトポートをHDMIディスプレイに接続するための変換ケーブルです。
SMクラーク内の2階にあるITショップを片っ端から周ってスタッフに訪ねたのですが、どの店でも「取り扱っていない」との回答。

10軒目ぐらいでようやく「取り扱ってるよ」というお店を見つけました。
ちゃんとした店舗を構えてるショップではなく、SM内のオープンなスペースにスタンドを構えているショップだったのですが、「ストック見て来るから待ってて。たしか1,300ペソだったかな」と言うと、スタッフはどこかに歩いて行きました。
3分ほどで戻って来たかと思うと、手にしていたのは、サンダーボルトからHDMIではなく、VGAへの変換アダプタ。
「これHDMIじゃなくてVGAじゃん?」と言うと「ソーリー、サー、間違えちゃった」と答え、またどこかへと歩いて行きました。
また2、3分ほどで、今度はサンダーボルトからHDMIとVGAへの2Wayケーブルを持って来て「HDMI単体への切り替えケーブルはなかったよ。これ2,000ペソだけど良い?」とのこと。

事前にネットで調べていた価格だと、ノーブランドなら数百円、ELECOMなどのブランド物でも千数百円程度のものなので、最初の1,300ペソの時点でもう怪しさ満点だったのですが、これは明らかにボッタクってきてます。
「じゃあいらない」と答え、先ほどスタッフが歩いて行った方向にあるショップをいくつか確認してみると、そのスタッフが持ってきたのと全く同じ商品を扱っているショップがありました。
きっと、このショップで商品を仕入れて私に売りつけようとしてたのでしょう。

値段は1,295ペソ・・・。705ペソも上乗せしてやがりました。
さらに「HDMIへの単体ケーブルはない」とか言ってましたが、探してみればその同じショップ内で取り扱ってました。
価格は695ペソ・・・。

695ペソで済む買い物に2,000ペソも払われそうになったのかと思うと腹が立ちますが、こういうことはフィリピンで生きていく以上避けられないのでしょう。
みなさんが同じような手口で被害に会わないよう、共有してみました。

それにしても、こういうのはお店が売上を増やすためにスタッフにそういう教育をしているのか、単にスタッフが私服を肥やすために行っている個人の犯行なのかが気になります。

スポンサードリンク


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

完全に騙しですね。レジとグルで小遣い稼ぎのパターンですね。ほんとうに油断も隙も無い困った人たちです。ポチっと行っておきました。

No title

こんなことは、日常茶飯事ですねだから、此方の人も一ヶ所だけでなく何か所もお店を回ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。