--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/11/19

PLDTが光ファイバーの提供地域を拡大

フィリピンで通信会社最大手のPLDTが光ファイバー接続インターネットの提供地域を拡大するようです。

■ PLDT makes Fibr available to more homes

料金プランと提供地域を調べてみました。




月額料金はいくら?


■ PLDT Home | Fiber

最安プランは月額1,899ペソで20Mbps。
VOD(動画配信サービス)のiflixとFOX Networksが無料で付いてきます。

「iflixって何?」って方はこちら参照:【月額99ペソ】クレカ不要。iflixの支払いは携帯のプリペイドから。映画もドラマも見放題。
   
同じく1,899ペソで50Mbpsというプランもありますが、こちらは1ヶ月あたり80GBまでと通信容量制限があるようです。
50Mbpsを無制限で使えるプランは2,899ペソ。
今のレートだと6,000円ぐらいでしょうか?
日本だと1Gbpsプランが大体5,000円ぐらいというのを考えると、なんだか割に合わないですね。

提供地域は?


提供地域は下記エリアとなっています。

Luzon
 * San Fernando, Pampanga
 * Baguio City
 * Cabanatuan City
 * Vigan, Ilocos Sur
 * Tuguegarao
 * Tarlac
 * Sorsogon
 * Laoag, Ilocos Norte
 * Legazpi City
 * El Nido, Palawan
 * Naga City  
 * Puerto Princesa City
Visayas
 * Bacolod
 * Cebu
 * Iloilo City
 * Tagbilaran, Bohol
 * Tacloban, Leyte
Mindanao
 * Cotabato City
 * Davao
 * General Santos City
 * Koronodal
 * Zamboanga City


残念ながら我が家は提供地域外でしたが、ルゾン島北部で山上のバギオのみならず、ビサヤ、ミンダナオの広範囲にまで提供されるようです。
エリアがどんどん拡大していけば、遠くない将来、我が家まで届きそうです。

ただ、提供会社が、カスタマーサービスのレベルがゴミに等しいフィリピンという国の中でも、最低中の最低のキング・オブ・ゴミの称号を欲しいがままとするPLDTというのがちょっとアレです。
私自身はPLDTのサービスは子会社のSmartの携帯ぐらいしか利用したことはありませんが、在比日本人の方々のブログを読んで「PLDTを利用してはいけない」と脳に焼き付けられているので。
そのような悪評を知らなかった頃、PLDTにADSLを申し込みに行った際、「提供範囲エリア内か調べて連絡する」と言われ、そのまま音沙汰が無く、結局別の会社に申し込んだという経験があります。

スポンサードリンク


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。