--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/10/23

マニラの日本食材店の商品価格はどれくらいか

先日、マニラの友人宅に遊びに行ったついでに、リトル東京にある日本食材店に買い出しに行ってきたので、購入した商品の価格一覧を公開してみます。
ちなみに購入したお店の名前は「生協」と「てっぺん」です。
生協は大半の商品が一律80ペソとなっていてお買い得感がありますが、てっぺんの方は業務用食品なども取り扱っているので、まとめ買いするならてっぺん、細々とした物を買うなら生協の方がお得かもしれません。




リトル東京内日本食材店、「生協」と「てっぺん」の地図

場所は以下の地図を参照下さい。SMマカティからタクシーで70ペソぐらいだと思います。
生協とてっぺんの間は歩いて2、3分程の距離です。

■生協(地図)


■生協(外観)
生協


■てっぺん(地図)


■てっぺん(外観)
てっぺん

「生協」と「てっぺん」の商品価格

今回購入した商品はこちらになります。
食材

■生協で購入した商品とその価格
・ビーフシチュー 125ペソ
・クリームシチュー 125ペソ
・抹茶オレ 80ペソ
・のり佃煮 80ペソ
・マヨネーズ 80ペソ × 2 = 160ペソ

抹茶オレは妻へのパサルボン。
マヨネーズは味の素のものです。キューピーのマヨネーズはたしか125ペソだったと思います。味の素のマヨネーズはてっぺんにも売ってますが生協よりかなり高いです。

■てっぺんで購入した商品とその価格
・業務用カレー(50皿分) 470ペソ
・出汁 1kg 350ペソ
・料理酒 1.8L 220ペソ
・みりん 1L 121ペソ
・めんつゆ 1L 133ペソ
・増えるわかめ 64ペソ
・いちごジャム 87ペソ
・豆板醤 156ペソ
・みそ(500g) 60ペソ × 2 = 120ペソ

カレーはゴールデンカレー業務用。生協で一般家庭用(10皿分)のゴールデンカレーも売っていますが、1個125ペソなので50皿分だと625ペソと割高になります。筆者は業務用を買ってラップで小分けして冷蔵保存してますが、風味が落ちるのが嫌だという方は一般家庭用を買うと良いと思います。
出汁、料理酒、みりん、めんつゆ等、日本食を作る際の必須調味料をまとめ買い。生協だと小さなボトルが80ペソで売ってます。カレーと同じく、コスト重視ならてっぺんで大サイズ、風味重視なら生協で小サイズを買うと良いでしょう。
しかし、料理酒1.8Lはやり過ぎだったかな。1Lボトルで良かったかも。できれば調味料は各1Lボトルを2本ずつ買いたいところですが、重いのでパンパンガまでバスに乗って運ぶのは気が重いです。
豆板醤とみそを買ったので、これで大好きな麻婆豆腐が作れます。甜麺醤と山椒と味覇はないけど、まあ、食べれる味にはなるでしょう。本当は麻婆茄子が大好物で日本にいた時は2週間に1度ぐらいは作っていたのですが、妻が茄子アレルギーなので、麻婆豆腐で我慢です。
めんつゆを買ったのにうどんや素麺などの乾麺を買うのを忘れてしまったので、フィリピン風素麺のミスワで代替します。色々煮物も作れるので嬉しいです。

トータルで2,300ペソぐらいで、これで2人暮らしで2ヶ月以上は持つと思います。
1ヶ月あたり1,000ペソ程度で、毎日日本食が食べられるなら悪くない買い物です。
マニラは人間の住むべき場所ではありませんが、日本食材が気軽に手に入り、地方に比べれば安くて美味しい日本食レストランも多いのは魅力的ですね。

スポンサードリンク


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。