--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/05/23

フィリピンでの生活費を計算してみました

フィリピンに住むに当たって月々の出費はどれくらいになるのか、大雑把ながら計算してみました。
場所はマカティ近辺を想定しています。
3パターン+αを作ってみましたので、ご自分の予算と照らし合わせて参考にして下さい。





【A. マニラで日本と同じレベルの生活をした場合】
 家賃:25,000
 光熱費:3,000
 食費:20,000
 雑費:2,000
 通信費:2,000(携帯・インターネット)
 交遊費:10,000
 計:62,000ペソ

高級(超高級ではない)コンドミニアムに住み、エアコン使用。食事はほぼ外食、週数回は日本食レストランで。自炊するときには日本食材店で材料を購入。週末は友人と飲みに行ったり、たまに国内のビーチ等へ旅行に行ったり、といった生活を想定。
日本に住むのと変わらないぐらいお金が掛かります。現地採用の給料でこのレベルの生活をするのはちょっと厳しいです。

【B. 若干生活レベルを落として生活をした場合】
 家賃:15,000
 光熱費:2,000
 食費:10,000
 雑費:1,500
 通信費:1,500(携帯・インターネット)
 交遊費:5,000
 計:35,000ペソ

低〜中級コンドミニアムに住み、エアコンの使用は酷暑期のみ。自炊メインで、たまに外食もするが、日本食レストランは月に1,2回の贅沢。週末は友人と飲みに行くが、遠出をするような旅行は年に1度。
現地採用の給料でも充分やっていけるレベルです。

【C. 現地人と大差ない生活をした場合】
 家賃:5,000
 光熱費:1,000
 食費:5,000
 雑費:1,000
 通信費:1,000(携帯)
 交遊費:1,000
 計:12,000ペソ

アパートは探せばもっと安い物件があるでしょうが、治安や衛生面を考えるとこの辺が日本人が住めるギリギリのラインと想定。エアコンはなし。基本全て自炊。外食しても1食50ペソ程度の格安食堂。インターネットはなし(必要な時は1日50ペソで携帯のパケ放題を登録)。週末はモールでウィンドウショッピング等お金の掛からない遊びのみ。
正直、日本人でここまで生活レベルを落とすのは厳しいかと思います。


現地採用の一般的な給与が7〜9万ペソで、各種税金等を引かれると手取りが4万後半〜6万ペソ(この辺はまた後日、別に記事を書きます)。
いざという時や、たまに日本に帰国する時の為の貯金もしなければいけない、と考えると、BとCの中間ぐらいが現実的ではないかと思います。
ちなみに、もし私が独身で、1人でマニラに住むとなったら下記ぐらいのレベルの生活を送ると思います。

【D. 筆者の想定する最低生活レベル】
 家賃:6,000
 光熱費:1,000
 食費:6,000
 雑費:1,500
 通信費:1,500(携帯・インターネット)
 交遊費:2,000
 計:18,000ペソ

これ以上切り詰めると、あまり人間的な生活を送れないので、精神的に病んでしまう気がします。

更に参考までに、マニラから車で2時間の地方都市に住む私の昨年1年間の出費は312,477ペソでした。
マニラと比べて物価が安いので、現在学生である妻やその家族の援助が必要なくなれば、1ヶ月当り20〜25万ペソぐらいで夫婦二人生きていけそうです。

どうでしょうか?参考になりましたでしょうか?

スポンサードリンク


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。