2016/07/16

【フィリピン結婚ビザ】仮永住ビザ(13A)の必要書類と申請方法

今回はフィリピン人配偶者のいる人が取得できる13Aビザ(結婚ビザ)の取得方法を説明します。
結婚ビザは1年間のプロベーショナルVISA(仮永住ビザ)の後、パーマネントVISA(永住ビザ)に切り替えとなります。
今回ご説明するのは仮永住ビザの申請方法です。永住ビザの申請方法は次回ご説明します。





この記事は、2016年7月現在の情報を元に記述しております。
将来的に必要書類や手続きが変更となる可能性があるので、必ず下記フィリピン移民局のWebサイトをチェックして最新情報を入手して下さい。
実際、筆者はネットで検索して出てきたブログの情報などを元に書類を集めた為、日本発行の無犯罪証明書等、現在では必要無くなっている書類も無駄に取り寄せてしまい無駄足となった経験があります。
日本語で検索できる先駆者たちのブログに頼りたい、という気持ちは分かりますが、面倒でも移民局Webサイトの英文を確認するのが確実です。とか書いてしまうと、この記事の存在意義が無くなってしまいそうですが。。

VISAの手続きに必要な書類は、下記ページの「Checklist」に載っています。
Immigrant Visa by Marriage

1. 配偶者と連名の嘆願書
イミグレ本局の隣にあるChamber of Commerceの裏側に公証人が露天の事務所を構えており、数百ペソ程で作ってもらえるので、VISA申請当日、イミグレに行く前に寄ると良いでしょう。VISA手続きに詳しいので書類に不備がないかの確認もしてもらえます。

2. アプリケーションフォーム 2通
上記リンクの「Application Form」からDL可能。

3. 婚姻証明書
挙式後、2,3ヶ月程すればNSOにて発行されます。下記の出生証明書と共に、フィリピン人配偶者に取得するようお願いすれば良いでしょう。

4. フィリピン人配偶者の出生証明書
NSO発行のもの。

5. パスポートのコピー
プロファイルのページと入国以降のVISAスタンプが押されたページ全て。

6. NBIクリアランス
NBIから発行される無犯罪証明書です。外国人はエルミタにあるNBI本部にて申請する必要がある、と聞きましたが、ネット上ではその他の支局で取得したという情報も見られます。
最寄りのNBI支局に行ってみて、ダメだったら本部に行ってみて下さい。。
申請に行く前に下記サイトからオンライン予約をして行きましょう。
NBI Clearance Online Services
予約なしで行くと、現地で長時間並ぶことになるので、断然自宅で予約して行った方が良いです。自分でやるのが面倒だという方は、当日、NBI本局の外でスマホ片手に客引きしている人たちに100ペソ払って予約代行してもらうという手もあります。
手順としては、予約番号を持って1回窓口で料金支払い。レシートを持って2階の光学指紋採取と写真撮影、その後外国人はインクの指紋採取もされます。外国人の場合、クリアランスは即日発行されないので、発行予定日を伝えられますので、後日レシートを持って再度NBIを訪れる必要があります。

7. BIクリアランス
イミグレで結婚VISA申請時に向こうで用意してくれるので自分で何かする必要はありません。

8. メディカルクリアランス
日本人は不要。

Checklistを印刷したものと、上記書類をファイルにまとめてイミグレ本局へ提出します。
ファイルは1つはVISA申請用、もう1つはACR-Iカード申請用で2つ必要です。ファイルも公証人の露天事務所で売ってます。
どっちのファイルにどの書類を綴じれば良いかなども公証人に聞けば良いでしょう。

上記書類が受理されたら、インタビューの日程を提示されるので、提示された中から都合の良い日時を選んで配偶者と共にイミグレに出頭します。
インタビューでは、配偶者とどうやって出会ったか、フィリピンでどうやって生計を立てていくのか等を聞かれます。
働いているなら会社から雇用証明書を発行してもらい持っていけば良いですが、無職であるなら銀行で口座残高証明書を発行してもらい持って行くと良いでしょう。明確にいくらあれば大丈夫という基準は不明ですが、筆者のケースでは、妻は学生、筆者は無職、日本円で90万円ほどの残高証明書で無事VISAが下りました。

インタビュー後、結果が分かるまで1ヶ月ほど掛かりますので、その前に今持っているVISAが切れてしまうなら観光VISAの延長を。

1ヶ月ほどして下記サイトに自分の名前が載っていることを確認出来たら、APPLIC_NOを控えてイミグレへ行きましょう。即日VISAが発行されます。
VISA Application Status

下記番号に電話でも確認できますが、なにせフィリピンですから、電話に出たスタッフが適当な返答をする可能性が高いので、Webサイトで確認する方が若干は信頼性が高いのではないかと思います。
(+632)4652400(内線番号:124〜127)

ACR-Iカードも同時に発行されるはずですが、筆者の場合は「ACR-Iカードはまだ出来てないからまた来週来て」と言われました。ACR-Iカードまで準備出来てからサイトに名前載せろよ、と思いますが、そこはフィリピンですので期待するだけ無駄でしょう。サイトに名前が載ってから1週間ぐらい経ってからイミグレへ行った方が良いかもしれません。

以上で仮永住ビザの手続きは終わりです。ビザの有効期限は1年間です。余裕を持って、期限が切れる2ヶ月前ぐらいに永住ビザへの切り替えを行うと良いでしょう。

永住ビザの申請方法は次回ご紹介します。

スポンサードリンク


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!
関連記事

コメント

非公開コメント

いつも参考にさせていただいてます

昨年末に主人とフィリピンで暮らし始めた主婦です。
いつも参考になるblog、ありがとうございます。
特にマリッジvisa に関しては、ただいま準備中ですので、大変参考になります。
メディカルクリアランスが不要なのは、日本がannexAに該当しないからなんですね。
イミグレーションに電話しても、ウェブで確認してくださいとしか言われず、取得できるまで不安ですが、頑張って進めていきます。

Re: いつも参考にさせていただいてます

ありがとうございます!
フィリピンの役所は問い合わせても人によって回答が変わってきたりして頼りないですよね。。
Visaの取得うまくいくと良いですね!